歯科口腔外科とは|大阪・高槻市|きしもと歯科口腔外科クリニック

歯科口腔外科とは

  • HOME
  • 口腔外科とは
  • 当院の特徴
  • 院長紹介
  • よくあるご質問
  • 医院概要・アクセス

大阪・高槻市|きしもと歯科口腔外科クリニック TOP > 歯科口腔外科とは

お口全般の疾患を治療します

  • 歯科口腔外科とは
  • 治療一覧
  • 治療の流れ

歯科口腔外科とは

「歯科口腔外科」とは耳慣れない言葉かもしれませんが、お口全体が診療の対象となる歯科治療の一分野です。歯や歯ぐきだけでなく、舌や頬の粘膜、顎の骨や関節、また口を開けたときに見える範囲に含まれる組織すべてを歯科口腔外科という診療科で診察しています。主に、外科的手法を用いて、症状を緩和したり失われた機能を回復していくのが、歯科口腔外科の特徴です。

たとえば、舌が痛い、口内炎ができた、顎に違和感がある、といったとき、どのお医者さんにかかったらいいのかわからないことはありませんか? これらは歯科口腔外科で治療できます。当院では、口腔外科を専門的に行っていますので、より早く適切な診断・治療が行えます。また、難しい症例については大学病院をご紹介しますので、口の中の疾患について気になることがあれば、どんなことでもご相談ください。

当院の口腔外科治療

インプラント治療

失った歯を補うインプラント治療。歯が抜けた顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着し、咬む機能を取り戻します。顎の骨にしっかりと固定されるため、自分の歯のように咬めるうえ、自然の歯に見間違うほど美しく仕上がります。

周囲の歯を削ったり負担をかけることなく、まるで新しく歯が生えてきたように治療ができることが、インプラント治療の最大のメリットです(自費治療)。

顎関節症の治療

「口を開けたり閉じたりする際に、顎がカクカク鳴る」「口を大きく開けづらい」、これらの症状があれば顎関節症が疑われます。顎の関節やその周りの組織に何らかの異常が起きている可能性があります。自然に治ることもありますが、悪化すると日常生活に支障が出てくることもあるため、早期に治療することが重要です。

親知らずの抜歯

親知らずは、歯並びの一番奥に20歳前後から生えてくる歯。まっすぐに生えて上下の歯が咬み合えばいいのですが、傾いて生える場合もよく見受けられます。手前の歯を圧迫するように真横を向いて生えたり、一部だけ見えてあとは歯ぐきのなかに埋まっていたりし、痛みを伴うこともあります。そのまま放置すると口腔内で悪影響を及ぼすと判断された場合は、抜歯をお勧めすることがあります。

歯周外科治療

初期段階では、自覚症状に乏しい歯周病。「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきから膿のようなものが出る」という症状に気付き、歯医者さんに通い始める頃には、かなり進行していることも多いです。

適切な治療を行わずにそのまま放置すると、やがて歯が抜け落ちてしまうことがあるため、できるだけ早期に治療することが大切です。進行した歯周病は、外科的処置が有効な場合も多くあります。また当院では、重度な歯周病にならないよう、治療と並行して口のセルフコントロールの取り組みを重視しており、予防(定期的な検診)に力を入れています。

口腔内のできものの治療

できものの種類には、エプーリス、線維腫、のう胞、悪性腫瘍(ガン)といったものが挙げられます。このうち、エプーリス、線維腫、のう胞は良性のできもの、口腔ガンは悪性のできものです。口腔ガンと診断された場合には、信頼のおける大学病院をご紹介していますので、気になるできものに気付いたら、まずは一度診察にご来院ください。

口腔ガン むし歯で歯がとがった部分や、不良な被せ物や入れ歯による持続的な粘膜の刺激により、発症することもある口腔ガン。口腔内のさまざまな場所で発症します。口腔ガンと診断された場合には、適切な治療を受けられる大学病院をご紹介します。
エプーリス 歯ぐきにできる良性のできもの。診断された場合には外科的な切除が必要になりますが、妊娠中にできる「妊娠エプーリス」の場合、産後に自然と小さくなることも多いため、切除せずに様子を見ることもあります。
線維腫 口腔内にできる硬い腫れ。徐々に大きくなりますが、良性のものですので、切除すれば問題ありません。
のう胞 粘膜(歯ぐき・上顎・頬・唇)や歯根の根元に液体(膿・だ液・血液など)が中に入った袋状のものができる病気。気になったり、痛みを伴う場合は切除をお勧めします。
歯牙移植

歯を失った部分に自分の他の部位の歯を移植する治療。自分の歯を移植するため、高価な人工物(インプラントや被せ物)を入れる金銭的負担も少なく、歯の本来の感覚を取り戻すことができる治療法です。

再植

事故などで健康な歯が抜けてしまった場合は、抜けた歯を再び同じ場所に植える「再植」という治療法もあります。

再植は、抜け落ちたらすぐに適切な処置が必要であるという条件がありますが、歯が抜けても元へ戻すことも可能であることを頭の片隅に覚えておいてください。

治療の流れ

STEP1 ご来院のご予約

お口の中に気になること、あるいは痛みや違和感がある場合には、まず来院予約をお願いします。ご相談もお受けしています。

STEP2 初診(ご相談・カウンセリング)

現在気になっていることをお聞かせください。診察のうえ、どのような疾患が考えられるか、またそれに対する治療法についてお話します。治療に対するご希望や疑問に思っていることがあればお伺いしていますので、なんでもお話しください。
STEP3 精密検査

レントゲン・歯科用CTなどを用いて歯や顎の骨の状態について検査を行います。また、口の中を診てむし歯の有無や粘膜の状況、歯の周囲の歯周ポケットの深さや出血の有無を把握します。
STEP4 診断・治療計画の作成

検査結果をもとに診断し、患者さんのご希望を取り入れた治療計画を作成します。複数の治療法が考えられる場合は、患者さんにそれぞれのメリット・デメリットを丁寧にご説明します。
STEP5 治療開始

治療方針について、患者さんの同意が得られたら治療を開始します。治療中でも疑問があれば、どんなことでもご相談ください。
STEP6 治療終了・メンテナンス

治療後の健康な状態を長く維持するためには、定期検診を欠かさないことが大切です。無事治療が終了したら、再発予防のために定期検診にご来院いただくようお勧めしています。定期検診では、治療部位の経過観察やお口のクリーニングなどのメンテナンスを行います。