親知らず

  • HOME
  • 口腔外科とは
  • 当院の特徴
  • 院長紹介
  • よくあるご質問
  • 医院概要・アクセス

大阪・高槻市|きしもと歯科口腔外科クリニック TOP > 親知らず

抜いたほうがいい?親知らず

抜いたほうがいい?親知らず

親知らずは、前歯の真ん中の歯から数えて8番目に生えてくる歯ですが、なくてはならない歯ではありません。他の永久歯が通常13歳前後までに生えそろうのに対して、親知らずは20歳前後に生えてきます。しかし、一生生えないこともあれば、一部歯ぐきのなかに埋まったままのこともあります。大人になってから、親に知られずに生えるために、「親知らず」と呼ばれています。

実は、正常に真っ直ぐ生えている場合は少なく、多少の差はあれ傾いて生えてしまう場合が多いのが、親知らずの特徴です。

抜歯したほうがいい場合も多いので、歯科口腔外科でご相談ください。

親知らずの生え方

親知らずは、ほとんどのケースで傾いているなどの問題を抱えています。個人差はあるものの生え方に違いがあり、大きく分けて3パターンあります。

傾いている 真横に生えている 埋没している
傾いている 真横に生えている 埋没している

親知らずによる悪影響

  • 痛みやうずきに繰り返しおそわれる
  • 歯ブラシが届きにくいため、食べかすがたまりやすく、むし歯・歯周病になりやすい
  • 親知らずだけではなく、手前の歯もむし歯にしてしまうことがある
  • 傾いて生えている場合に、咬み合わせを乱す原因となる
  • 奥歯の咬み合わせを悪くし、口が開かなくなるなどの顎関節症を引き起こすことがある
  • 生えている向きによっては、手前の歯を強い力で押すことで歯並びを乱し、ときには前歯が重なってしまうほど歯並びが悪くなることもある
  • ブラッシングをきちんと行えないために、食べもののつまりが原因で、炎症を起こし痛みを伴うことがある

院長のワンポイントアドバイス~親知らずを放っておくと口臭に!!~

院長のワンポイントアドバイス

みなさんは毎日きちんとブラッシングを行っているでしょうか? 「している」という方が多いと思いますが、実際に完璧に磨けているかというとまた別の話かもしれません。ブラッシングには一人ひとりクセがあり、磨き残しやすい箇所というものが存在するのです。このような磨き残し(食べかす)がプラーク(歯垢)をつくり、虫歯や歯周病といった歯科疾患の原因になるのはもちろん、口臭の原因にもなります。

 

親知らずは正しい方向に生えないことが多く、完璧にブラッシングするのが非常に難しい歯です。磨き残しが出ることも多くなるため、親知らずが口臭の発生源になることもあるのです。もし、「口臭が気になる」「知人に指摘された」とお悩みの方は一度ご相談ください。

親知らず抜歯のメリット

親知らず抜歯のメリット

上記のようなトラブルを引き起こしている場合、さまざまな悪影響を考えて抜歯をしたほうがいいといえます。むし歯にもなっていない歯を抜くのは……と思われるかもしれませんが、健康な歯にまで悪影響を及ぼすことを考えると、抜歯したほうがメリットが大きいのです。特に女性の方は、妊娠中や出産後、歯の治療を受けにくい時期に親知らずが炎症を起こすことがあるため、痛みだす前にあらかじめ抜歯しておくのも一考でしょう。

抜歯をしなくてもよい場合

「抜くのが当たり前」と思われている親知らずですが、真っ直ぐ正しい向きで生えていれば抜く必要はありません。

  • 痛みやうずきを引き起こさない場合
  • 手前の歯と同じように生えていて、歯ブラシがきちんと届く場合
  • 周囲の歯に特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合
  • 顎の骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題がない場合

といった場合は、ブリッジや入れ歯を支える固定源にできたり歯牙移植に応用できたりするため、抜かなくてもいいといえるでしょう。

抜歯をするタイミング

親知らずを抜くタイミングは人それぞれですが、以下のような理由によりできるだけ早いほうがいいでしょう。

抜歯をするタイミング

  • 一旦痛みが消えてもまた痛み出し、抜かない限り痛みが繰り返される
  • むし歯や歯周病リスクが高い
  • 若いときのほうが、親知らずの抜歯後の顎の骨の回復が早い
  • むし歯や歯周病になってしまうと麻酔が効きにくい
  • 抜く時期が遅いと、親知らずが顎の骨とくっついてしまい、抜くのが大変になることがある

とはいえ、個人差があるうえに、口腔内環境は常に変化します。適切なタイミングを知るために、まずはお気軽にご相談ください。

抜歯の方法、手術

親知らずの大部分が骨の中に埋まっている、根っこが複雑、親知らずが顎の骨とくっついているなど、特殊な症例を除き簡単な手術で終了しますのでご安心ください。なお、当院の抜歯にかかる時間は、5分~1時間程度です。

STEP1 カウンセリング

まず、患者さんの手術に対するご要望や不安をお伺いします。どんな些細なことでも遠慮なくお話しください。

STEP2 診査・診断
口腔内全体を触診したあと、レントゲン撮影を行い、歯ぐきに埋まった部分も含めて親知らずの生え方などを確認します。診査結果をもとに診断を行い、治療計画を立案します。わかりやすくご説明しますので、質問などがありましたらお気軽におたずねください。
STEP3 抜歯
治療計画に沿って抜歯手術を行います。手術中でも気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
STEP4 抜歯後のケア
抜歯後は、その日のうちにお帰りいただけます。その際、当日から数日後の注意点などをお話しします。

抜歯後の症状とその注意点

抜歯後の症状とその注意点

抜歯後、痛みや腫れなどの症状が起きることもありますが、適切な処置を行えば、抜歯によるダメージを軽減し、スムーズに回復を促すことができます。歯科口腔外科を専門に行っている当院では、親知らずの抜歯に多くの実績があり、経過観察も行っていますので、安心しておまかせください。

出血

抜歯後、歯が生えていた部分に穴があくため、その穴から出血します。止血のため、抜歯後しばらくは清潔なガーゼやティシュなどを丸めてしっかり咬みましょう。時間が短かったり、穴を圧迫する力が弱かったりすると、きちんと止血できずにガーゼを外したときに再度出血することがありますので、しっかり圧迫することが必要です。また、抜歯後の穴に血餅ができるまでは出血しやすい状態です。アルコール摂取や運動、長時間の入浴など、血行がよくなる行為は控えて安静にしてください。さらに、何度もうがいをしたりつばを吐いたり、舌で触ったりすることは、血管を塞いだ血の塊(血餅)が取れて、出血する原因となってしまうため、できるだけ控えるようにしましょう。

痛み

抜歯は麻酔下で行いますが、抜歯後、麻酔が切れると痛みが出てくることがあります。鎮痛剤を処方しますので、麻酔が切れる前、痛みが強い間は指示された通り飲むようにしてください。通常は、痛んでも1週間~10日で痛みはなくなってきますが、強い痛みが続く場合は診療を受けましょう。

腫れ

抜歯後2~3日をピークに、頬の部分が大きく腫れることがあります。そのときは頬に冷却ジェルシートなどを貼るなど軽く冷やしてください。腫れが引くと同時に腫れていた部分があざのようになることもありますが、内出血の跡であり自然に消えていくので心配ありません。また、口腔内でも抜歯した部分の歯ぐきが腫れることがあります。抜歯後4日過ぎても腫れがひかない場合や痛みがある場合には、術後感染の可能性があるのでご来院ください。

しびれ

麻酔によるしびれは、麻酔が切れると同時にもとに戻ります。それでも、しびれが残る場合、親知らずが下顎の神経に触れていた可能性があります。この下顎の神経によるしびれは、回復までに通常1週間程度、まれに2~3ヶ月、あるいはそれ以上かかることもありますが、しびれが出ること自体、まれなケースです。

院長のワンポイントアドバイス~抜歯後の損傷は治癒します~

院長のワンポイントアドバイス

親知らずを抜いたあとの傷の回復について心配されている方も少なくないようですが、基本的には心配はいりません。傷が回復する過程で新たな損傷要因が起こるなどしない限りは、抜歯程度の傷であれば問題なく治癒します。全国的な規模で見れば、完全な治癒とならないことももちろんあるはずですが、レアケースで、その「可能性は低い」「抜歯後の傷は治る」と言えます。