休診日:日曜・祝日、木・土曜午後

平日 9:30 - 13:00 15:00 - 19:30
木曜 9:30 - 12:30

欠損歯の治療の選択肢

  • HOME>
  • 欠損歯の治療の選択肢

歯を失った時の治療方法は?

考え得る治療方法をすべて詳しくご紹介します

考え得る治療方法をすべて詳しくご紹介します

歯を失った時の治療方法として、インプラント治療、ブリッジ、入れ歯があります。どの方法で失った歯を補うのか、最終的にそれを決めるのは患者様ご自身です。決して当院が治療方法を押しつけたり、強引におすすめしたりはしません。

歯科医師は、その患者様の歯にできることはすべてご説明する義務があると考えています。詳しい治療内容、メリット・デメリットをすべてお話しして、患者様ご自身にお選びいただくようにしています。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

インプラント ブリッジ 入れ歯
治療内容 人工歯根(インプラント体)を埋入して、被せ物を装着させる 両隣の歯を削り、それを支台にして人工歯を橋渡しする クラスプ(金具)などで固定させる(自費の入れ歯の場合、クラスプがない・目立たないものが選べる)
見た目の美しさ 審美性が高く自然な見た目 自費のブリッジの場合、審美性が高められる 保険の入れ歯の場合、金具が目立つ場合がある
噛み心地 天然の歯に近い良好な噛み心地 良好 硬いものがしっかり噛めない場合がある
違和感 なし 入れ歯と比べるとあまりない ぐらつき、喋りにくさなどの違和感が生じる場合がある
残存歯への影響 なし 健康な歯を削る必要がある 歯に金具を掛けて固定するため、負担がかかる
外科的処置 必要 必要なし 必要なし
費用 自費診療なので費用がかかる 保険適用なので費用が抑えられる 保険適用なので費用が抑えられる

※表は左右にスクロールして確認することができます。

どの治療方法を選ぶのが良いのでしょうか?

「先生ならどうしますか?」と聞かれた場合には

インプラント治療、ブリッジ、入れ歯、それぞれにメリット・デメリットがありますので、一概に「この治療方法が良いですよ」とお伝えすることはできません。患者様のご希望、口腔内の状態、費用面などを総合的に考えてご提案しなければいけません。

ですが、どの治療方法を選ぶのが良いから迷われている患者様から、「先生ならどうしますか?」と聞かれた場合には、お口の状態や費用面などがクリアできるようであれば、インプラント治療を選択するでしょう。

ただし、インプラント治療は外科的処置が必要ですし、治療後も定期的にメンテナンスを受けなければいけません。患者様にはこうした注意点もしっかりお伝えするようにしています。そのうえでインプラント治療を選択されるなら、適切に治療を行わせていただきますし、「手術してまではちょっと…」「定期メンテナンスに通い続ける自信がない」ということでしたら、別の方法をご提案させていただきます。

「絶対にインプラント」とは考えておらず、各治療方法をフラットに位置づけていて、患者様のお考えやご要望に合わせてお選びいただける環境を整えています。

072-681-1411

WEB予約
初診の方

WEB予約
再診の方