休診日:日曜・祝日、木・土曜午後

平日 9:30 - 13:00 15:00 - 19:30
木曜 9:30 - 12:30

安全なインプラント手術をするために

  • HOME>
  • 安全なインプラント手術をするために

インプラント手術の安全性について

骨に問題がなければ抜歯よりも簡単

骨に問題がなければ抜歯よりも簡単

「インプラント手術は怖い」というイメージを持たれている方もおられると思いますが、本当にそうなのでしょうか?あまりにイメージが先行し過ぎているきらいがあると感じています。抜歯即時埋入などの専門的な方法を除き、顎の骨に問題がなければインプラント治療は「抜歯よりも簡単」と言えます。

顎の骨が健康な場合、インプラント治療で必要になる処理は、簡単に言うと歯ぐきを切開し、ドリルで骨に穴を開けて、インプラント体を埋入して歯ぐきを糸で縫うだけです。実はやっていることは非常にシンプルなのです。

一方、抜歯の場合、歯がどういう具合に生えているかわかりませんし、症例によっては抜歯が困難なケースも少なくありません。また最悪の場合、神経を切ったり、大量出血したりすることもあります。

もちろん、当院ではこうしたことがないように万全の体制で抜歯を行っていますが、リスクを比較した時、必ずしも「インプラント手術の方が怖い」とは言えないのです。

失敗例ばかりがクローズアップされている傾向

ニュースなどで報道されているインプラント治療の失敗例を目にされた方は、「インプラント手術は怖い」と思われるでしょうが、それはごく稀なケースで、問題なく治療を終えられている方が大半です。失敗例ばかりがクローズアップさていれる傾向が、患者様の恐怖心に拍車をかけていると思います。

もちろん100%の安全はなく、安全性を理解してもそれでも「インプラント治療はちょっと…」とおっしゃる方に無理にすすめたりはしません。インプラント治療以外にも、ブリッジや入れ歯などの歯を補う方法がありますので、その方のお口の状態やご希望に合った最適な方法をご提案させていただきます。

安全にインプラント手術を行うために

歯科用CTを活用して安全性・確実性を向上

歯科用CTを活用して安全性・確実性を向上

インプラント治療は外科的処置をともないますので、これを安全にとり行うためには事前の診査・診断が重要です。当院では歯科用CTを導入しており、これを活用して的確に歯や顎の骨の状態を把握することで、治療の安全性・確実性を向上させています。

サージカルガイドを使用して確実に埋入

サージカルガイドとは、治療計画通り確実に人工歯根(インプラント体)を埋入するためのテンプレートです。これを活用することで、正しい位置・角度・深さにインプラント体を埋入することが可能になります。

必要に応じて静脈内鎮静法を実施

お薬を使用することにはメリット・デメリットがありますので、当院ではあまり積極的に実施していませんが、手術に対する恐怖心が強い方や、難症例の場合などでは、必要に応じて静脈内鎮静法を行います。静脈内鎮静法を行うことで、ほとんど眠っているのと同じような状態で手術が受けられるため、患者様の負担軽減に繋がります

072-681-1411

WEB予約
初診の方

WEB予約
再診の方