休診日:日曜・祝日、木・土曜午後

平日 9:30 - 13:00 15:00 - 19:30
木曜 9:30 - 12:30

親知らず

  • HOME>
  • 親知らず

親知らずとは?

歯列の一番奥から生える歯のことです

歯列の一番奥から生える歯のことです

親知らずとは、永久歯が生え揃った後、歯列の一番奥から生える歯のことで、正式には「第三大臼歯」と言います。一般的に10代後半から20代後半に生えて来ることが多いのですが、なかには生えて来ない方もおられます。

親知らずは必ず抜歯しなければいけない?

親知らずは「必ず抜歯しなければいけない」というわけではありません。真っ直ぐ生えていて、親知らずそのものやまわりの歯でトラブルが起こっていなければ問題はなく、そのまま置いておいても良いと言えますが、斜め・横向きに生えていて、痛みや腫れが起きていたり、親知らず・その手前の歯がむし歯になっていたりするような時には抜歯した方が良いでしょう。

抜歯した方が良いケース
  • 親知らずが原因で周囲歯ぐきの痛み・腫れが起こっている
  • 親知らずがブラッシングする際に邪魔している(その結果、まわりの歯がむし歯・歯周病になっている)
  • 親知らずそのものがむし歯になっている
  • 親知らずが隣の歯を押している
  • 親知らずが噛み合わせの乱れを引き起こしている

など

抜歯しなくても良いケース
  • 真っ直ぐ生えていて、ブラッシングを行うのに邪魔していない
  • 親知らず周囲歯ぐきの痛みや腫れなどのトラブルがない
  • 特に何のトラブルも起こっておらず、ブリッジの支台として利用できる可能性がある
  • 特に何のトラブルも起こっておらず、歯牙移植に利用できる可能性がある

など

当院の親知らずの抜歯の特徴

スピーディに処置して抜歯後の痛み・腫れを抑えます

処置のスピードは抜歯後の痛み・腫れに影響します。専門的な口腔外科治療を行う高槻市のきしもと歯科医院では、できる限りスピーディに、それでいて正確に親知らずを抜歯して、抜歯後の痛み・腫れを出来る限り抑えるようにしています。

症例数が豊富・様々なケースに対応可能

当院は開院以来、継続して親知らずの抜歯を行っており、これまでに豊富な症例数を蓄積しています。そのため埋伏歯などの難症例にも対応可能で、個々の症例に対するアプローチ方法がパターン化されていますので、様々なケースに対して適切な診断・処置を行うことができます。

「親知らずの抜歯」は当院にとって日常的な処置です

多い時には1日に5件以上の親知らずの抜歯を行っていることもあって、当院にとって「親知らずの抜歯」は日常的な処置です。一般的な歯科医院では、普段の治療とは別枠を設けて、30分から1時間程度かけて抜歯を行うことが多いのですが、当院では普段の診療の枠内で行っていて、歯を削るのと同じように治療しています。処置にかかる時間も短く、30分以上かかるケースは稀です。

口腔外科を専門的に行っている歯科医師と、そうでない歯科医師との違いは色々ありますが、抜歯に対する気負いがないことや、短い時間で適切に抜歯できることなどが特徴的な違いとして挙げられます。

072-681-1411

WEB予約
初診の方

WEB予約
再診の方