休診日:日曜・祝日、木・土曜午後

平日 9:30 - 13:00 15:00 - 19:30
木曜 9:30 - 12:30

口腔外科とは

  • HOME>
  • 口腔外科とは

口腔外科とは?

お口を総合的に診る診療です

お口を総合的に診る診療です

口腔外科とは、歯・歯ぐきだけでなく、顎や口の中全体で起こる病気・症状を幅広く診る科目で、「お口を総合的に診る診療」という風に言えます。歯や歯ぐきはもちろん、舌、唇、顎などで生じる各種トラブルに対応し、適切な治療を行います。また口腔がんの診断も行っています。「どこで診てもらえばいいかわからない」という症状がありましたら、お気軽に当院へご相談ください。

口腔外科のプロフェッショナル

高槻市のきしもと歯科医院の院長は、口腔外科治療を専門としていて、これまでのキャリアで豊富な知識・技術を培ってきた「口腔外科のプロフェッショナル」です。親知らずの抜歯、インプラント治療、顎関節症、口内炎・外傷、歯牙移植、再植、歯周外科治療など、患者様お一人おひとりに専門性の高い口腔外科治療をご提供します。

主な口腔外科治療

親知らずの抜歯

永久歯が生え揃った後、歯列の一番奥から生える歯のことを「親知らず(第三大臼歯)」と言います。真っ直ぐ生えていて、親知らずそのものやまわりの歯でトラブルが起こっていなければ問題ありませんが、斜め・横向きに生えていて、痛みや腫れが起きていたり、親知らず・その手前の歯がむし歯になっていたりするような時には、抜歯した方が良い場合があります。

(※親知らずの抜歯について詳しくはこちら

顎関節症

顎関節症とは、頭蓋骨と顎を繋ぐ顎関節で起こる様々な症状の総称で、主な症状として「口を開けると顎が痛む」「顎を動かすと音が鳴る」「大きく口が開かない」などがあります。顎関節症は時間の経過とともに自然治癒するケースも少なくないですが、症状が気になる方、症状が長引く方などはお気軽に当院へご相談ください。

(※顎関節症について詳しくはこちら

歯牙移植

歯牙移植とは、重度のむし歯になって抜歯が避けられない場合などに、その歯を抜歯して代わりにご本人の歯(親知らず)を移植するという方法です。親知らずと一緒に歯根膜(歯槽骨と歯根の間にあるクッションのような繊維組織)が移植できるため、自然な噛み心地が期待できます。根管治療を行ってもなかなか症状が改善されない方や、親知らずがあって前方の臼歯が失われている方におすすめです(ただし、条件によっては適応とならない場合があります)。

(※歯牙移植について詳しくはこちら

口腔内のできもの・怪我

口内炎、のう胞(膿の袋)、粘膜の荒れ、腫瘍といった口腔内のできものに対して適切な治療を行います。唾液腺の中に石ができて詰まり、痛みや腫れなどを引き起こす唾石症(だせきしょう)などの専門的な疾患への診断・治療にも対応しています。また、口腔がんの診断も行っており、見逃しがないようにプロフェッショナルの目でしっかりと診させていただきます。

転倒による唇や口腔内の怪我、歯の欠損や脱落などの外傷への治療も行っており、「どのように打ちつけたのか?」「どんな風に転んだのか?」など、外傷そのものだけではなく、傷を負った時の状況も詳しく確認して適切に治療を進めていきます。

(※口腔内のできものについて詳しくはこちら

(※口腔内の怪我について詳しくはこちら

インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った時、その部分の歯槽骨(歯を支える骨)に人工歯根(インプラント体)を埋入し、被せ物を装着させることで歯を修復する方法です。安定性に優れているのでご自分の歯のような噛み心地が得られ、他の歯に負担をかけずに自然な見た目に仕上げられます。

当院では歯科CTを活用して治療の安全性・確実性を高めることで、安心して受けていただけるインプラント治療を目指しています。また抜歯即時埋入や骨造成など、専門的な治療にも対応しています。

(※インプラント治療について詳しくはこちら

072-681-1411

WEB予約
初診の方

WEB予約
再診の方