インプラント治療

  • HOME
  • 口腔外科とは
  • 当院の特徴
  • 院長紹介
  • よくあるご質問
  • 医院概要・アクセス

大阪・高槻市|きしもと歯科口腔外科クリニック TOP > インプラント治療

  • インプラントについて
  • 治療の流れと料金
  • 成功の為に

失った歯を補うインプラント

いまでは一般的になった、失った歯を補う「インプラント治療」。歯が抜けた顎の骨に、生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。自分の歯のように咬めて、自然の歯に見劣りしない美しい見た目が得られるという特長を持ちます。

歯を失った場合の治療として、昔から行われていたのは入れ歯やブリッジですが、インプラントはこれらの治療と異なり、他の健康な歯にダメージを与えることはありません。保険適用ではないため決して安価ではありませんが、さまざまなメリットがある治療なので「自分の歯に近い形で失った歯を回復したい」と考える患者さんにお勧めの治療法です。

当院では、世界各国で使われている、信頼のインプラントブランド「Zimmer社」のインプラントを採用しています。どうぞ安心してインプラント治療をお受けください。

  インプラント 入れ歯 -取り外し式-
(保険適用の場合)
ブリッジ -固定式-
 

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

失った歯の本数に合わせてつくった入れ歯(義歯)を、バネなどを使って装着する治療。

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった被せ物(ブリッジ)を接着固定する治療。





  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される




  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合は、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、バネがかかる歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

当院の特殊なインプラント治療

抜歯即時術

一般的には、抜歯とインプラント埋入手術は続けて行えず、しばらく間をおく必要があります。抜歯をした歯ぐきの傷口が治り、抜歯して穴が空いた骨が盛り上がるのを待つ期間が必要なのです。この期間を省き、抜歯と同時にインプラントを埋入する治療法が抜歯即時インプラント。比較的長いとされているインプラントの治療期間を大幅に短縮する画期的な術法です。

抜歯即時インプラントなら治療期間が短く済むうえに、手術時に切開・はく離をしなくて済むことも多いため、傷口や抜歯部分の骨の回復が早く、患者さんへの負担が軽減されます。しかし、すべての症例に適用できる訳ではなく、歯周病がある患者さんなどはこの方法が適用できないこともあります。

失った歯を補うインプラント

そのままインプラントを埋入し、骨補
填材を骨とインプラントの間に入れます

状態が良ければ、そのまま仮の歯を入れます

ソケットリフト

インプラント治療は、インプラントを埋め込むだけの十分な顎の骨の厚みが必要です。しかし、歯周病で歯を失った場合や、歯が抜けている状態が長く続いた場合は、顎の骨が痩せていることが多く、治療に必要な骨量が足りないといったケースが多く見られます。

ソケットリフトは上の奥歯でインプラントを埋める充分な骨がない場合、インプラントを埋めるためにあけた穴を利用して、骨になる材料を注入して骨の厚みを確保する術式です。

院長のワンポイントアドバイス~抜歯即時埋入ができない場合もあります~

院長のワンポイントアドバイス

治療期間の短縮や身体への負担軽減など、メリットが多い即時埋入ですが、以下のような場合、「お控えいただいたほうがよい」と判断することもあります。

 
  • 抜歯予定箇所に著しい感染がある
  • 骨の減少が著しく、インプラントが固定できないと判断した場合
  • 骨の減少により、即時埋入では審美性の回復が困難な場合
  • 重度の歯周病によって抜歯した場合
  • その他、糖尿病などの全身疾患があり、傷の回復に影響が出ると考えられる場合

歯の状態に合わせたインプラント治療

歯を一本だけ失った状態

歯を1本だけ失った場合には、インプラントの使用による補てんが適切です。インプラントによって補てんされた歯は、 見た目も使用感も自分自身の歯と何ら変わりありません。またインプラントによる治療は、 ブリッジのように両端の健康な歯を削る必要もないのです。顎の骨にも適切な圧力がかかりますので骨が萎縮する心配もなく、 本来の骨量を維持できます。

歯を数本失った状態

従来は連続した2~3本の歯の欠損であればブリッジか部分入れ歯を用いて補っていました。 現在では、この場合もインプラントによる補てんが理想的な解決法です。歯を失った部位に数本のインプラントを埋め込み、 これを土台として人工歯を被せます。

歯のない部分が多い状態

60代以上であれば、中には多くの歯を失ってしまった方もいることでしょう。臼歯が失われた場合、 従来は取り外し式の部分入れ歯で欠損を補っていました。現在ではこうした欠損もインプラントによる補てんが理想的です。 数本のインプラントを歯を失った部位に埋め込み、これを土台として人工歯を被せます。見た目も自分自身の歯と変わりないため、 理想的な治療・補てん方法だといえます。

院長のワンポイントアドバイス~外傷で歯を失った場合の特徴~

院長のワンポイントアドバイス

歯を失う原因には、虫歯や歯周病といった歯科疾患のほか、交通事故や転倒、スポーツなどによるものが挙げられます。これらの場合、歯を部分的に失うことが多いほか、顎の骨の骨折や部分欠損が起きることもあります。こうした場合でも、多くの場合はインプラント治療が可能です。不安な方はお気軽にご相談ください。

治療の流れと料金

見た目に違和感がない、強い力で咀嚼できるなど、多くの利点を備えたインプラントによる補てん方法。 ここではインプラント治療が終了するまでの流れをご紹介します。

インプラント治療の流れ

カウンセリング、検査、治療計画の説明
虫歯や歯周病の治療
インプラント埋入手術
治療期間
アバットメント装着・噛み合わせチェック
定期メンテナンス

インプラント手術の種類

1回法

1回法では1回の手術で、人工の歯を取り付ける一歩手前の段階まで治療を進めます。 手順としては手術の際にインプラントを顎の骨に埋め込んだ後、その一部を歯肉の外に露出させておきます。 6~10週間後にインプラントと顎の骨が結合したことを確認してから、表層部の支柱となるアバットメントを装着し、 その上に人工の歯を被せます。歯肉を開く手術を1回しか行わないため、1回法と呼ばれています。

2回法

2回法では1次手術として、顎の骨にインプラントを埋め込んだ後、いったん歯肉を閉じ2~4ヶ月待ちます。 インプラントと骨が結合したことを確認してから、2次手術を行います。この手術の際に歯肉を再び開き、インプラントを露出させます。 その後歯肉が完治するのを待ってアバットメントと人工歯を装着します。

1回法を行うべきか、2回法を行うべきかは、歯肉の状態や顎の骨の状態などによって決定いたします。

即時荷重

治癒期間中の患者さんたちの不自由をなんとかしたいということから、即時荷重インプラントが研究、開発され、ここ数年で、 インプラント治療は劇的に進化しました。様々な研究結果により、これまで常識で考えられていた治癒期間よりも早く、 噛む力を発揮することができることが明らかに なったのです。

通常インプラント治療は、植立手術を行ってから下顎の歯で3ヶ月、上顎 の歯で3~6ヶ月程度、安定期間を取り、 人工歯の装着を行います。もちろん、この原則は変わりませんが、現在ではインプラントを植立した”その日”に、 仮歯を固定することも出来るようになりました。つまり、1日で、噛む機能と審美性を取り戻すインプラント治療が可能となったのです。 この治療法を「即時荷重 インプラント」と言い、すでに良好な臨床結果を得ています。 ただし、この即時荷重は全ての方に対して行うことのできる治療法ではありません。まず、インプラントを植立する際に、 顎の骨としっかり固定させる必要があります。したがって、インプラントを植立する部位の骨量や骨密度が十分あるかどうかが問題となります。 さらに、治療法としても決して簡単なものではないため、精度の高い安全な治療技術などが要求されます。

インプラントの料金

インプラント治療を行うにあたり、何本のインプラントを埋め込むかによって、治療費の総額が決まります。 当サイト監修、高槻市の「きしもと歯科医院」では、インプラント1本あたりの治療費は30万円~となっています。 また顎の骨量が足りない場合には、骨移植の費用も別途必要になるでしょう。むろん個人の口腔内環境によって、 適切な手術の方法や治療期間や料金も変わってきます。歯科医師としっかり話し合いながら、治療方針や方法を決定してください。

インプラント成功の為に

インプラント治療を成功させるために、もっとも大事なことは「歯科医院選び」です。 インプラント治療をおこなうと銘打っていても、実際には年間でほとんどインプラント治療を行っていなかったり、 アフターケアがおろそかだったりする歯科医院もあるのです。

信頼できるインプラント歯科医院とは

当院では、上記の項目を満たすことはもちろん、 地域の住民より愛される歯科医院づくりを目指し、日々研鑽を積んでいます。